お知らせ

2020年1月25日実施「新年ナカナカ会 2020冬~中野大好き 酒井区長と中野の魅力を語らう会~」イベントレポート

中野区は、2019年2月に中野区シティプロモーション「中野大好きナカノさん」プロジェクトを開始してから、中野好きの人が集まって魅力を語り合う交流会「ナカナカ会」を実施してきました。今回は、酒井区長も参加した「新年ナカナカ会 2020冬~中野大好き酒井区長と中野の魅力を語らう会~」を2020年1月25日(土)に開催。参加者のみなさんには事前にちびナカノさんを貸し出し、クリスマスや年末年始などで賑わう中野のまちを撮影してもらいました。イベント当日は参加者同士で中野の魅力について語り合うなど、みなさんがまちの魅力を再発見する交流会になりました。

集合写真.JPG

区長も参戦! 撮影エピソードと中野の魅力を披露

今回は、ちびナカノさんの貸出期間がこれまでで最も長く、約1ヵ月間、みなさんと一緒に過ごしてもらい、たくさんの写真が集まりました。クリスマスや年末年始など、お出かけが多くなる季節だったこともあり、マフラーや帽子でおしゃれをしてもらったちびナカノさんもいました。中にはお手製の着物で新年を迎えたちびナカノさんも!
素敵な写真が集まったナカナカ会ですが、前半は参加者が撮影した写真と撮影時のエピソードを紹介するグループワークを実施しました。とあるグループでは、「中野に引っ越して、初めて同じまちに住む友達ができたんです」というお話も飛び出し、みなさんそれぞれの中野への想いを写真を通して紹介していただきました。また、区長も各グループを回りながら、参加者と中野の魅力を存分に語り合いました。「ここのお店、おじいちゃんがやっているところでしょう?もともと新宿にいた人が退職して始めたお店なんだよね」「ええっ、あの店閉店しちゃうの?行かなくちゃ」など、参加者と同じく区長が中野愛を披露し、時には区民から情報をもらいながら笑顔と会話の絶えない時間となりました。
各グループの中で最も「中野について新発見・再発見につながった写真」を選び、撮影者に発表してもらいました。「商店街がそれぞれのまちにあり、アットホームで魅力的だと思います」「中野にはこんなに夜景がきれいに見える場所があるので、すごくおすすめです!」など、発表者のエピソードにみなさん熱心に耳を傾けていました。
前半パートの最後に、参加者が撮影した写真を紹介するスライドショーを上映し、目まぐるしく流れる中野の風景に、みなさん大いに盛り上がりました。休憩時間は、ナカノさんとちびナカノさんを並べて即席の撮影会が始まるなど、「中野が好き」という共通点であちこちで会話が弾んでいました。

ワークショップ1-1.JPGワークショップ1-2.JPG
ワークショップ1-3.JPGワークショップ1-4.JPG

【こちらがナカナカ会当日に上映したスライドショーです】

中野のおすすめコースを考えるグループワークを実施

休憩を挟んだ後半では、中野を巡るおすすめのコースを考えるグループワークに挑戦してもらいました。このグループワークは、2月29日(土)に行われる「ナカナカ会~まちぶらツアー編~」を模して、中野をよく知る参加者の皆さんにおすすめコースを企画するならどんなスポットがおすすめか考えてもらいました。同じグループの中でも、おすすめのお店がたくさん挙がるグループもあれば、「えっ、僕もあの銭湯行ってます!」と共通点が出てくるグループもあり、「誰に、どんなお店を紹介しよう?」と頭をひねっていました。
しかし、どのチームも共通するのは中野への愛。「入ってみないとわからない良いお店がいっぱいあるよね」「一人では入りにくいお店はやっぱりあるけど、入ってみるとすごく居心地が良かったりする」「中野はごちゃごちゃしているところがいいよね」と、『中野らしさ』を再発見できたグループワークになりました。
参加者のみなさんには、自分のチームのルートを発表してもらった後に、「すでに知っている中野らしいコース」と思ったものに赤いシール、「知らなかったけど、行ってみたいコース」と思ったものに青いシールを貼ってもらいました。みなさんが作り上げた渾身のおすすめコースがこちらです!(グループ1:沼袋、2:東中野、3:江古田、4~6:中野)

ワークシート1 .jpg

ワークシート2.jpg

ワークシート3.jpg

ワークシート4.jpg

ワークシート5.jpg

ワークシート6.jpg

ワールド会館やブロードウェイがある中野駅周辺のエリア、アニメ『へんたつ』の聖地などには赤いシールがつく一方、「東中野の入りにくいお店を発掘!」をテーマにした東中野チームや「都会に疲れたアナタ」をターゲットにした沼袋チームには、「そんなお店があるんだ!」という声とともに青いシールが集まりました。区長も「いくつか知らないスポットもあるので勉強します!」とコメントをして、みんなにとって中野の魅力の新発見につながりました。
最後に、区長から「外から来るひとに向けたサブカルチャー的な強いコンテンツを中野は持っています。その一方で、マニアックな良さ、時間をかけて初めて良さがわかるものも、中野にはたくさんあります。その両方を、ナカノさんをきっかけに、区民にも区民でない人にも広めていきたいし、みなさんにも広めてもらえたら、と思っています。」とのコメントで締めくくられて、新年ナカナカ会は幕を閉じました。

〈シティプロモーション担当から〉
ナカナカ会の終了後も、参加者のみなさんから中野の魅力発信が行われていたり、シティプロモーションへのアイディアをいただいています。これからも、ナカナカ会を通じてできたつながりを広げながら、中野のPRをしていきたいと思います。

ページトップへ