ナカノさんプロジェクト0次会
「ナカノさんとは?」開催報告

中野区シティプロモーション「中野大好きナカノさん」プロジェクト
大好きな中野区の皆さまへデビュー会見!

中野大好きナカノさんの画像

2月1日(金)より始動した「中野大好きナカノさん」プロジェクトについて、区から中野区在住・在勤の皆さんへ向けた説明会が行われました。

ご参加いただいたのは19名の皆さん。取り組みの目的や内容、今後の展開など、具体的な説明に熱心に耳を傾けられていました。また質疑応答では疑問点のほか、今後の展開に関する意見なども寄せられるなど、たいへん有意義な会となりました。

終了後には、会場に展示されたナカノさん・ちびナカノさんを実際に手にとってサイズ感や動きを確かめる姿なども見受けられ、和やかな雰囲気のなか閉会しました。

説明会の画像
説明会の画像
説明会の画像
プロジェクトについての概要説明
概要説明の画像

まず冒頭で、「中野大好きナカノさん」プロジェクトの全体像について概要説明があり、プロジェクトにかける期待や立案の経緯、現状の進捗と今後の事業展開などについて説明が行われました。
(登壇者:中野区都市政策推進室 藤永益次副参事)

《プロジェクトの目的》

「『中野大好きナカノさん』プロジェクトは、中野区シティプロモーションの一環として約2年をかけて取り組んでいく施策であり、具体的には『ナカノミライプロジェクト』との2本柱で取り組んでいきます。こちらは未来の街の担い手を育てる内側の取り組みであり、一方のナカノさんプロジェクトは、広く区内外へ向けて中野の魅力を発信していく事業です。ただし区からの一方的な発信ではなく、ナカノさんを通じて中野区に関わる皆さんと一緒に発信していくプロジェクトになることを目指しています」

《ナカノさん誕生の経緯》

「区では、中野区の魅力を『あらゆる個性を受け入れる街』と定義しています。昔から多様性を受け入れてきた中野には、様々な人種、価値観が当たり前にあり、等身大でいられる居心地の良さが魅力になっています。

この多様性を際立たせるために、無個性な人形の世界からやってきたナカノさんというキャラクターが誕生しました。ナカノさんの無垢な眼差しを通して中野の魅力を再発見し、発信していくというストーリーになります。『好きなように生きていれば、たいがいのことは気にならない』というキャッチコピーは、多様性のある街で好きなことに夢中になれる、まっすぐ前向きに生きている姿をイメージしたものです」

《具体的な事業展開》

「プロジェクトのメイン事業は区公式SNSでの発信であり、現状、インスタグラムはおおよそ2日に1回、ツイッターは毎日更新しています。ツイッターのPR動画は公開後3週間で約4万回再生を記録。ポスターは商店街を中心に4種類展開していて、今後も協力を得てさまざまな場所へ掲出していきたいと考えています。

さらに注力したいのは商店街さんとの連携です。現在は、ナカノさんの分身であるちびナカノさん4体を、協力店にテスト設置してお店のSNSに登場させてもらっていますが、今後は設置協力店を増やし、訪れるお客さまからの投稿も含めて、ちびナカノさんの発信を強化できたらと考えています。ちびナカノさんを通して街の方々とコミュニケーションをとりながら、プロモーションを進めていきます」

《現時点の注目度と今後について》

「現在、ナカノさんプロジェクトは非常に注目されていると感じます。これまでに雑誌とWEBマガジンで2回特集を組んでいただき、新聞7紙、雑誌1誌、WEBニュースサイト63件の掲載がありました。このプロジェクトの最大の目的は、ナカノさんを通して、皆さんと一緒に中野の魅力発信に取り組んでいくことですので、今後ともご協力をよろしくお願いします」

質疑応答

どうして人形を採用したのですか。

芸能人など様々なアイデアが挙がりましたが、「多様性のあるまち」を発信するにあたり、無垢なまなざしを通して伝えられる人形が相応しいと判断して採用しました。

区民にどういった協力を求めていますか。

ちびナカノさんを設置していているお店に足を運んでいただき、区民の方々からもSNSに投稿してもらいたいです。今後は、ナカノさんが出かける先を募集するなど、区民の皆さんに参画してもらいたいと考えています。

ちびナカノさんにも来てもらうための条件等はありますか?

条件面はこれから整理していきますが、例えば、お店でインスタのアカウントを開設してもらう、イベントで活用してもらう、なども考えられるかと思います。貸し出し期間については、ご意見を伺いながら進めていきたいと思います。

ちびナカノさんを撮影して、
区民個人のアカウントでアップしてもよいのですか?

区だけではなく、区民の皆さんの視点から発信することで、まちの様々な魅力が届けられると考えています。区民個人のアカウントからのアップもお願いしたいです。

多様性の話はよく理解でき、ナカノさんは無機質でみんなの最大公約数なのだなと感じました。
だからこそ個性を持った人たちも自分の想いを乗せていけるような、みんなで共有できるプロモーションとするために、どう実現させていくのですか?

ナカノさんを通して伝わる中野の魅力は発信者によって異なりますが、区がそれを規制することなく、それぞれの区民の視点で発信してほしいと思っています。
詳細はこれからになりますが、区としてどういった水準を定めるか検討していきたいです。

質疑応答の画像
質疑応答の画像
質疑応答の画像

ゆるキャラとは違ってナカノさんは面白いと感じますが、
実際は中野区のマスコットキャラクターにしたいのですか?
それともそこも区民への宿題として出題されているのでしょうか?

マスコットキャラクターではありません。ナカノさんは記号みたいなもので、商店街や区民の方々とコミュニケーションを取るキッカケとなるよう作っています。ナカノさんを通してまちが盛り上がることが大事なので、一番良いのは、これをきっかけに中野区を好きだと感じる区民のみなさんと色々な取り組みをやっていけたらと思います。

若い世代が利用するインスタグラムのほかに、
例えば声優をつけたプロモーションなど他の案も
考えているのですか?

若い区民の皆さんに発信してもらいたいと考える一方で、幅広い層の区民の方々にキャラクターを楽しんでほしいと考えています。今のところメインはインスタグラムですが、例えば区民が撮影された写真のフォトブックを中野区のガイドブックにするなどの案も考えられますし、最終的に大勢の皆さんに届く施策にしていきたいと考えています。

ちびナカノさんだけではなく、ナカノさんは貸し出しを
行わないのですか?

ナカノさんはサンプラザに設置していますが、現在貸し出しは想定していません。「ナカノさん」は区公式からの発信で活躍し、「ちびナカノさん」は区民の方々とのコミュニケーション担当としての役割分担を考えています。

商店街の会議では、みんな今後の展開に関心を寄せていました。
約130店舗あるので、ちびナカノさん1体の場合は各店で持ち回りに
するなど何かしらの連携をと考えています。個人的には、ゆるキャラ
でない普通のキャラだから、ナカノさんの見つめる先にある中野の
魅力が引き立つと感じました。

連携は非常に嬉しいお話ですので、ご意見などお伺いしながら連携できればと考えています。またおっしゃる通りナカノさんのキャラクターは人それぞれに想像してもらえたらと、外見にはリアルさを追求して、ほくろの有無まで議論しました。人間性を出し愛されるキャラクターになるよう意識しました。

質疑応答の画像
質疑応答の画像
質疑応答の画像
プロジェクトについての概要説明
参加者ご感想(参加者アンケートより一部抜粋)

《本日の感想を教えてください》

中野のイメージを刷新する上で面白い試みだと思います。特に人形を使うところがサブカルっぽくて良い。

具体的なイメージはまだ湧いていないのですが、どのような趣旨で何を目指しているのかというのがわかりました。

ゆるキャラとは違って、関節が自由に動く人形を使う、っていうのが新鮮である。

全国的にゆるさや可愛さばかりが強調されていたものが多かったので、ナカノさんのクールさもよいと思いました。

まだまだ煮詰まっていないようですが、それがまた魅力だと思います。ナカノさんを通じて自由に発信、いいですね。

わくわくする企画です。他区の若い人たちからも中野区のナカノさんかわいいね!という声を聞いています。

なんとなく便利だからではなく中野が好きだから住んでいるという住民を増やしていくことは中野の繁栄のために重要なことだと思う。

ちびナカノさんが 60体なのは少なすぎると思います。きっと人気が出ます。

2年と言わず末長く愛されるキャラクターに育ってほしいです。

《このプロジェクトに関わりたいですか》

小さいし、いろんなところに連れて行って写真を撮りたいです。

外からのお客様をさらに呼び込んで各商店の発展につなげていきたいと思います。

時間の許す限り関わりたいと思います。中野を文化的に世界に発信させたいから。

最大公約数的なキャラクターとしてのちびナカノさんに、どう区民の思いを乗せていけるかが大切だと思うので、その部分に協力していきたい。

中野イチの食いしん坊なのでちびナカノさんを置いてくれるお店を増やしていくことであれば、お役に立てる気がします。

《どんな取り組みがあったらいいと思いますか》

(プロジェクトに参加する人を増やすために)ナカノさんファンクラブをつくる。

(あるといいなと思うのは)ナカノさん洋服コンテスト、4月からの男女共用の中学制服をナカノさんに着て欲しい、飲み屋だけでなくいろんなお店にちびナカノさんを置いてほしい!

ナカノさんきっかけに他団体との連携のきっかけになるかと。観光大使とのコラボなんかも興味深い。

病院に入院されている方を訪ねて元気付ける、選挙にもっと行こうよとかも面白いと思う。

子供食堂をやっているので、そこで子供達と食べてくれたら嬉しいです。

  1. 実施概要
  2. 日時 :2019年2月23日(土) 17:00〜 中野区役所会議室
  3. 参加 :中野区在住・在勤の皆さん 19名
    ナカノさん、ちびナカノさん 4名
  4. 内容 :中野大好きナカノさんプロジェクト概要説明
    質疑応答