第4回ワークショップ
「発表会」

発表会直前最後の確認練習

3月18日、快晴。いよいよ発表会当日です。
これまで半年間かけて考え抜いた企画を披露する晴れ舞台です。

控え室となった区役所会議室では朝から、午後のプレゼンテーション本番に向けて、
各チームごとに最終確認が行われていました。
皆さん、いささかの緊張まじりに、段取りの確認やセリフ合わせ、
身振り手振りの見栄えチェックなど、練習に余念がありません。
メンバー同士で声を掛け合いながら、気合いを入れて臨んでいるようでした。

ワークショップイメージ

いよいよ開会プロジェクトについてご紹介

ワークショップイメージ

午後2時からスタートした発表会には、メンバーが所属する団体・企業の方々や、
区民の皆さんなど、総勢約80名が参加されました。

開会に際して、酒井区長から挨拶があり、
「今回の取り組みは、なんとなく中野が好きだ、という“点”をネットワーク化させる新しい取り組みだと思います。こういう機会を設けて、住民だけでなく中野で学ぶ、働く 人たちからも中野の魅力を発信してもらえるようになることは、将来の発展のために必要だなと思っています。今日はみなさんの発表を楽しみにしています」
と激励のコメントが寄せられました。

続いて、このナカノミライプロジェクトを含む、中野区シティプロモーションの全体像について、「行政主導ではなく地域ぐるみで取り組もうというのが事業の特徴です。ナカノミライプロジェクトは、中野の未来を考え、主体的に取り組んでいただける協力者の育成と連携の強化を目指しています」と区より紹介されました。

また、これまで6ヶ月にわたり取り組んできたワークショップの内容についてもご紹介。計7日間という日程のなか集中して、中野区らしさについて徹底的に話し合ったこと、社会課題解決という視点を加えて施策アイデアをいくつも出し合ったこと、そして「アイデアを最終的に1案に絞り込む作業に、各チームとも苦戦したと思います。本日は、さまざまな検討を重ねてきた半年間の集大成を発表します」と、
ファシリテーターを務めた戸澤さんから紹介されました。

ワークショップイメージ
ワークショップイメージ
ワークショップイメージ
ワークショップイメージ

各チーム発表個性豊かなプレゼンテーション

ワークショップイメージ

各チームのプレゼンテーションは10分間。ポスターの提示に加えて、お芝居形式で発表するチーム、お揃いの鉢巻姿で挑むチーム、会場への問いかけを加えるチームなど、発表スタイルもバラエティに富んだものになり、たいへん盛り上がりました。

各チームのプレゼンテーション直後には、会場の皆さんとの意見交換タイムを設けました。発表内容への疑問や意見、新たな提案などを会場からもらい、アイデアをさらに深めようという試みです。
さまざまな立場の参加者から多様な意見が飛び出し、次の展開へつながるような有意義な意見交換ができました。

コミュニケーションが活発になるなか、発表者と参加者の距離感は徐々に縮まり、ときどき笑いも沸き起こるなど、会場は一体感に包まれていきました。

そして今回は、発表内容や意見交換の様子を、グラフィックファシリテーターがイラストで記録していきました。人の感情の起伏まで表現できるイラストで、場の空気感まで伝えることができ、対話や盛り上がりの様子などを見える化して残すものです。
会場を華やかに彩ってくれました。

ワークショップイメージ
ワークショップイメージ
ワークショップイメージ
ワークショップイメージ

投票&閉会実現したいアイデアに1票を

全てのチームのプレゼンテーションが終わった後、会場のみなさんには「ぜひ実現してほしい」と思うアイデアに投票してもらい、投票後、即時開票が行われました。

結果は、3位15票「ガチャん歩」、2位16票「中野の変」、1位は22票で「トビコメなかの商店街」が受賞。会場から大きな称賛が贈られました。

最後に、会の総括として酒井区長より

「どの発表も工夫されていて、内容も楽しいものばかりでした。全チームのアイデアが実現できるものと期待しています。そして会話を記録いただいたグラフィックも素晴らしかったです。

全体を通して、自分で街の人を知る、店を知る、歴史を知る、いろんな中野を知ることで、中野のことを誰かに語りたい気持ちになっていくこと、そうした人が増えることが、中野にとっての武器になると思います。

参加いただいた皆さん、中野のことを好きになっていただけましたでしょうか?ぜひ引き続き、中野区を好きになっていただき、周囲に伝染させていくように一緒にやっていければと思っています」

とご挨拶いただき、半年間にわたるワークショップが締めくくられました。
みなさま、ありがとうございました!

ワークショップイメージ

インタビュー発表を聴いて

田中里奈さん(会社員)

  • ワークショップに参加している同僚から参考意見を聞かれたりしていたのですが、今回、一貫性ある企画に落とし込まれていたので、すごい仕上がりになったなと感じています。
  • それぞれのグループが異なる視点からアイデアを出されていて、私がイメージしていなかった新たな中野区の一面を知ることもできました。参加できてよかったです。
  • さまざまな企画を通じて、多様な人から親しまれる街になったらいいなと思いました。あとグラフィックもすばらしかったです!

佐藤 郁さん(大学講師)

  • どれも膨らませたら面白そうなアイデアだと思いました。会場の参加者と、アイデアや気持ちを共有しようという姿勢が伝わる発表会でした。
  • プレゼンもチームメンバー同士のつながりが伝わるもので、創意工夫が参考になりました。きっとワークショップで、自分では気づかけなかったことを共有しながら、いいチームがつくられたのだと感じました。
  • このつながりを途切れさせず、中野の未来に関わっていただきたいです。

発表を終えて

フレッシュサラダ with A

まるで『アラレちゃん』のペンギン村のような個性あふれる中野をもっと知ってほしい!というチームの想いを企画にしました!

女子会 with B

笑いを起点にさまざまな課題を解決し、中野をもっと笑いであふれる街にしたい!というメンバーの強い思いが1つに結集した企画になりました!

スルメシティ

「どんな個性も受け入れる」という中野の魅力を考え抜いたことで、中野らしい街の風景を創る企画にたどり着けました!

おでん

「変」を素敵なこととして受け入れる中野の懐の深さに気づいたことで、何よりまずチーム員が中野のファンになれたと思います。

テトリス

中野で育つ子どもたちをイキイキと輝かせたい!
その想いがあったからこそ、チームで良い企画ができました!

※チーム名は「泪橋」から「テトリス」へ改名しました