ポップで目を引くピクトグラムで
店のこだわりを見える化

「スルメシティ」チーム

「ガチャん歩」のイメージ画像
「ガチャん歩」のイメージ画像

観光客や転入者など中野区に不慣れな人たちにもわかりやすくなるように、
お店の特徴や店主のこだわりをピクトグラムで表現し、店頭に表示。
個性的で多様な中野区のお店を、言葉の壁を超えて、探しやすく利用しやすくする。
ネット検索で事前に店を探すのとは対照的に、街を散策しながら新しいお店を発見する楽しみ方もできる。

《意見交換にて》

ピクトグラムの種類は最初に30程度は作成、枠だけ作成して自由に利用してもらうのでも良い

ピクトグラムを通じた商店同士のネットワークづくり、プラットフォーム化も狙える。

お店側の発信だけでなく、他薦でピクトグラムを作成・表示してもいいと思う。近隣住民を巻き込んだ施策になりそう。

中野に初上陸する一見さんでも入りやすいお店だと認識できていいと思う。